« 忙しすぎる1日 | メイン | アフィリエイトワークス »

2004年11月30日

「こばな」に学ぶサイト運営

仕事場の近くに「こばな」という料理屋(居酒屋?)があります。ここのランチは800円と比較的高めなのですが、何を食べても美味しくブッチャは毎週のように通っています。

今回は、そんな「こばな」の魅力を分析してサイト運営に活かしていきたいと思います。

■ 見た目
こじんまりとした居酒屋風です。外観的・内装的な魅力は特にありません。汚いという印象はなく居心地のよい感じです。

ブッチャもサイト運営時はデザイン的要素にそれほど時間をかけないようにしています。

■ 料理
とにかく何を頼んでも美味しく、値段以上の価値を感じます。質的にも量的にも大満足です。

サイト運営に例えると、コンテンツの質と量ですね。最も重要な部分です。

■ 接客
オーダーを取るタイミング、コーヒーを持ってくるタイミングが絶妙です。また、店員さんがみんな笑顔なのもプラスポイントですね。しかも、その笑顔が営業スマイルでなく本当に幸せそうなのです。

サイト運営に例えると、ユーザービリティとサイト雰囲気ですね。訪問者にストレスを感じさせないレイアウトやナビゲーション。レスポンスの良い掲示板対応やメール対応。訪問者に安心感と信頼感を与える雰囲気(自己紹介・色づかい・文体)。

■ 宣伝
繁盛していますが、たぶん宣伝は一切おこなっていないでしょう。よく「儲かっている飲食店は広告なんて載せないんだよ」と言いますが、一理あると思います(儲かっていても載せるところもあります)。

基本的にはクチコミで十分なのでしょう。この店の場合「お店の質」が集客力となっていますが、「お店の質」が低いのに宣伝費ばかり費やしてしまうお店は潰れてしまうと思いませんか?

サイト運営もこれと同じで、サイトの質が認められないかぎりは、いくらアクセス対策を施しても、例え何百万円かけようともサイトが軌道に乗ることはないのです。

■ リピーター
メニューの数が多いので何度行ってもあきません。また、季節の料理もあるのでリピーター対策になっていると思います。

サイト運営ではブログなどを使って定期的に更新をおこなうとリピーター対策になります。周期を決めておくと良いでしょう(日更新、週更新、隔週更新)。

■ 「こばな」に行きたい人へ
「こばな」は群馬県にあるお店です。行ってみたいという方は場所を教えますのでご連絡ください。

お問合せフォーム

投稿者 buttya : 2004年11月30日 11:29

コメント