« Jリスティング登録体験記 | メイン | テキチェンのクリック率 »

2004年11月17日

テキチェンの問題点

「こんなこと書いていいのかな~」と悩みましたが、包み隠さず公開がこのサイトのポリシーなので書いちゃいます。

ご存知の通りテキチェンには「広告収入」と「アクセスアップ」という2つの効果があるのですが、問題はアクセスアップの仕組みです。

自分のサイトで表示された「ユーザ広告の数×回数」だけ、他のサイトで自分のサイトが表示される仕組みなので、実はクリック数を気にする必要は全くないのです。

つまり、自分のサイトでは訪問者の目に触れない位置(最下部など)でテキチェンを表示して表示回数を稼ぎます。もちろん、ユーザ広告数は最大にしてください。

すると自分のサイトからのクリックが「0」でも、他サイトからのアクセスが期待できるワケです。

例えば1日に1000ビジター×7ユーザー広告で表示回数7000回を稼いだとします。1ヶ月で210000回です。他のサイトで表示される時にクリックレート0.05%だと仮定すれば、他サイトから月105アクセスを誘導することができます。

テキチェンはこのトリックに気づいている人が、気づいていない人からアクセス数を吸収する仕組みだったのです。こんなこと書いたら「気づいてる人たち」や「テキチェン」に怒られちゃいますね。

1クリックに対して1アクセスもらえる仕組みならば平等なのに、何か問題でもあるのかな?

投稿者 buttya : 2004年11月17日 15:40

コメント