« 2004年12月 | メイン | 2005年02月 »

2005年01月31日

Googleインデックス数を増やす方法

■ インデックス数の調べ方

副収入の達人がGoogleに何ページ登録されているのか調べてみました。

調べ方はGoogleの検索窓に「site:【調べたいドメイン】」を入力して検索をかければOKです。副収入の達人の場合は「site:buttya.com」になります。Googleツールバーを使っている人は、調べたいサイトを開いてツールバーの「サイト検索」を押せばOKです。

ちなみに独自ドメイン以外ではこの方法は使えません。

副収入の達人は227ページインデックスされていました。内、39ページがBLOGで、16ページがサブサイト(J-REITの達人)でした。

■ 他サイトとの比較(インデックス数順)

350日の節約生活 860ページ
アフィリエイト・エッセンス 236ページ
副収入の達人 227ページ
ネットでわらしべ長者 207ページ
愛豚貯金箱.net 114ページ
アフィリエイト・マニュアル 63ページ

単純にインデックス数が多いほど良いというワケではありませんが、少しでも増やすことで検索エンジンからのアクセスが見込めることは確かです。

■ 対策

ページ数を増やすことが第一ですが、Googleに効率よく拾ってもらうことも重要です。例えば階層を深くすると下部階層のページが拾ってもらえない可能性があるので要注意です。

また、TOPページのページランクが低いと下部ページまで拾ってもらえません。ページランクが高いサイトはインデックス数的にも有利ということです。

実際に「副収入の達人日記」では96の記事があるにも関わらず、39ページしかインデックスされていませんでした。

【ブッチャの独り言】
ブッチャの尊敬する金森重樹先生が不動産投資DVDを発売しました。このDVDは2005年1月8日に行われたセミナーの内容をまとめたものです。

不危険なイメージがある不動産投資でも、金森先生にサポートしてもらえれば絶対に安心だとブッチャは信じています。不動産投資に興味がある人にはチャンス!かも。

投稿者 buttya : Googleインデックス数を増やす方法

2005年01月29日

難しいことをやさしく表現する

アフィリエイト・マニュアル」のyamaさんに「Good Luck」という本を薦めていただいたので、読んでみました。内容を要約すると「幸運はコツコツと努力した人が手にすることができる」というものでしたが、ブッチャにはモノ足りない内容でした。

そのことをyamaさんに伝えると「難しいことをやさしく表現している点が凄いと思うんです」と言われました。ブッチャにとっては本の内容よりもyamaさんの言葉のほうがタメになりました。

難しいことをやさしく表現するには、難しいことを完全に理解して自分のなかで再構築してからアウトプットする必要があります。中途半端な理解では難しいことを難しく表現することしかできないのです。

サイト運営でも「難しいことをやさしく表現」できるように頑張ります。

0からスタート アフィリエイトビジネス研究会」のえくすさんからは「MBAクリティカル・シンキング」という本を薦めていただきました。

クリティカル・シンキングとは論理的な物事の考え方です。もともとブッチャは論理的なタイプだったのですが、この本を読んで論理思考を体系的に学びなおせたので勉強になりました。

文章や会話の説得力を高めたい人にはオススメです。

ただ、「もう少し簡単に分かりやすく書けるのでは?」と思いました。考え方の本でしたら元マッキンゼー日本支社長の大前研一さんが書いた「考える技術」もオススメです。

【ブッチャの独り言】
最近はオススメ本を読むことがマイブームです。どんなジャンルの本でも良いのでオススメの本がありましたら教えていただければ嬉しいです。

投稿者 buttya : 難しいことをやさしく表現する

2005年01月28日

スイッチボード利益モデル

私が大好きな本「ザ・プロフィット」に「スイッチボード利益モデル(以下:SBPM)」というものが説明されています。このSBPMは最善最適な商品を組み合わせて顧客に提供するモデルです。

選択する商品の数が多いほど効果が大きくなります。(提供する商品数ではなく、提供する前の選択肢となる商品です)

例えばオフィス機器を扱う会社(キャノンのようなメーカー)があったとします。この会社がSBPMを採用すると、顧客の状況に最適な商品を提供する必要があるため、他社の製品(エプソン・ゼロックスなど)も幅広く扱いその中からセレクトして顧客に提案するカタチになります。

SBPMでは顧客にとってのメリットが大きいため、1件あたりの利益率は減ってしまうが、取引量は何倍にも増えることが想定されています。

これってアフィリエイトに適していると思いませんか?ASPに登録すれば、非常に多くの会社と提携することができるため「商品の幅」には困りません。

ザ・プロフィットではさらにこのような会話が進められています。

(引用ここから)

先生 「リスクはどうかな?」 (SBPMを採用することによるリスク)
生徒 「おそらくリスクは、顧客にとって最善の選択を客観的に行うことができず、パッケージの中に自社製品を組み込みたくなるという点でしょう」
先生 「そうなるだろうね」
生徒 「しかし、企業がその誘惑に打ち勝たなければなりません。それがスイッチボード・ゲームへの参加料なんです」
先生 「たしかにその通りだ」

(引用ここまで)

もうお分かりだと思いますが、アフィリエイトでも報酬額が大きい広告を優先してしまう誘惑に駆られます。ただし、その誘惑に少しでも負けてしまえばSBPMは成り立たないのです。

さらに推し進めれば「利益率0%の商品、つまりアフィリエイトに参加していない商品」であっても紹介する必要があるのです。

ブッチャはこの利益モデルにとても魅力を感じました。

もちろん利益モデルはSBPMだけではないので(ザ・プロフィットでは23の利益モデルが紹介されています)、必ずしもSBPMに参加する必要はないと思います。

【ブッチャの独り言】
株式コンテンツを少しずつ増やしています。株式投資に興味がある方は読んでみてください。基本中の基本なのでツマラナイかもしれませんが・・。

投稿者 buttya : スイッチボード利益モデル

2005年01月27日

驚きのGoogle16位

Googleで「副収入」と検索をかけると「16位」に表示されるようになりました。1月2日の時点では「269位」、それ以前では500位以下でしたので、まさに大躍進です。

アクセスログを見ると16位にランクアップしたのは1月25日のようです。サイト公開から約5ヶ月かけてのベスト20入りは感慨深いものがありますね。2005年上半期中にはベスト10入りしたいものです。

対策は「ひたすら良いサイトを作ること!」です。

投稿者 buttya : 驚きのGoogle16位

2005年01月26日

制作者の都合を吹き飛ばせ

はじめてトラックバックというものを使ってみました。参照したのは「男の節約道」のサムリさんが書いた「奥様にサイト訪問者になってもらう」という記事です。

> デザインが崩れるとか、作るのが面倒臭いとか、そういうのは全部作っている人の都合でしょ。訪問する人にとっては何の関係もない事なんだよ。私が思ってる事は、絶対他の人も思っている事だよ。 (サムリさんの奥様の言葉)

その通りです。

ブッチャは一度作ったシステムやデザインに手を加えるのが本当に嫌いです。「あなたは簡単な修正だと思っているけど、そこを修正することで全体を見直さなければいけないんだよ?分かってる?」と言いたくなってしまいます。

でも、それって完全に制作者の都合なんですよね。ユーザーの意見を柔軟に取り入れていくことが作品を良くするための一番の近道なのに、「面倒」という理由から耳をふさいでしまっているのです。

「耳が痛いなぁ」「面倒だなぁ」と思ったときこそステップアップのチャンスです。どうせなら「完璧に修正してやる」という職人根性でさらに良いものを作り上げてください。

投稿者 buttya : 制作者の都合を吹き飛ばせ

2005年01月25日

紹介文付きリンクとアクセスの質

おすすめ紹介文付きのリンクは「サイト名のみのリンク」に比べてアクセスの質が高くなると思います。

例えば「サイト名のみ」の場合はTOPページを見て帰ってしまう人が多いのに対して、「紹介文付き」の場合は一通り目を通してくれる可能性が高くなります。

さらに影響力のある管理人さんのオススメであれば、リピーターになってくれる可能性も高いでしょう。

また、紹介文付きリンクの場合は、たとえクリックされなかったとしても、その紹介文を見た人の記憶に残すことができます。この記憶が積み重なることで徐々に好感度がアップしていく効果があります。これはテレビCMによる効果と同じです。

このように紹介文付きリンクには、アクセス数にプラスアルファの価値があるということを覚えておいてください。

注意 : この記事は紹介文なしのリンクを否定するものではありません。現に「副収入の達人」の逆アクセスランキング上位は「サイト名のみのリンク」で占められています。

【ブッチャの独り言】
今回の話は広告にも応用することができます。買わせる決意を固めさせてから広告をクリックさせるのか?とにかくクリック数を多くするのか?という問題です。

リンク先のサイトが非常に魅力的なつくりであるのならクリック数優先、リンク先のサイトがイマイチ魅力に欠けるつくりであるのなら成約率重視、というルールを当てはめることもできますが、管理人の信頼度・影響度によってもどちらが有利なのか?は変わってくるので、柔軟な判断が必要です。

投稿者 buttya : 紹介文付きリンクとアクセスの質

2005年01月24日

対象を絞り込んだ広告

ブッチャはメルマガを発行しているのため、実に様々な広告のレスポンスを検証することが出来たのですが、一番面白いと思ったことは「対象を絞り込んだ広告は反応が良い」ということです。

例1 : iMi@50

アンケートサイト「iMi」の50歳以上バージョンです。「アンケートに答えるとポイントで稼げます」と募集するのではなく、「豊かな経験で世論を形成してみませんか?ポイントも貯まります」とすることで高いレスポンスを実現しました。

例2 : 出光まいどカード

ガソリン代がいつでも2円引きという特典を持つカードです。こちらは「地方に住む人」に対象を絞った宣伝文を採用したところ高いレスポンスを実現しました。

このように募集条件を限定することで、該当した人の心に強く訴えかける効果があるようです。例えば「パソコンが79800円の激安販売」よりも「○歳(自分の年齢を入れてください)の方に限り、パソコンが79800円」の方が「すぐに買わなくちゃ」と思いませんか?

ただし、自分のサイトのユーザー層に該当しない条件で限定してしまうと、全く反応がなくなってしまうので気をつけてください。

【ブッチャの独り言】
副収入の達人を4ヶ月運営した経験をもとにサイト内容をチェック・修正しています。

投稿者 buttya : 対象を絞り込んだ広告

2005年01月21日

イーモールゼロで失敗

ブッチャがはじめてアフィリエイトに参加したのは「イーモール・ゼロ」がキッカケでした。ロバート・アレンの本を読んで、「そうかぁ、複数の収入の流れが必要なんだ」と単純に考え「イーモール・ゼロ」に登録することにしたのです。

しかし、頑張ってデザインや商材を選択しても全く売上はあがりませんでした。完全に失敗です。

この経験から色々なことを学びましたが、一番思ったのは「誰でも参加できるプログラムで稼ぐことは難しい」ということです。

楽天広場、イーモール・ゼロ、その他のサイト提供プログラムなど、簡単にアフィリエイトサイトが作れますというプログラムはたくさんありますが、それらで稼ぐのは本当に難しいことだと思います。

でも、この時の失敗がなければ、その後にアフィリエイト収入を得ることはなかったと考えれば「イーモール・ゼロ」に感謝かな。

投稿者 buttya : イーモールゼロで失敗

2005年01月20日

提案型アフィリエイトショップ

cafekagu.com」の松本さんから「Yahooに登録されました」とのご連絡をいただきました。サイト開設から1ヶ月以内、しかも「新着オススメサイト」という快挙です。

おめでとうございます!

この「cafekagu.com」は非常に興味深いコンセプトのもとに作られています。それはインテリアを中心に扱ったアフィリエイトショップなのですが、「自分の部屋をカフェのようなくつろげるスペースに改造する」というスタイルを提案しているからです。

また、提案だけに終わらず、その具体的な方法についても詳しく丁寧に説明されています。このように同じインテリアを売るのでも、松本さんの場合は「商品を売っている」のではなく「インテリアを買うことで実現できる豊かなライフスタイル」を売っているのです。

アフィリエイトショップを運営している人には非常に参考になるサイトです。

カフェ空間探求サイト 「cafekagu.com」

【ブッチャの独り言】
アクセスカウンタを見ると、2日前は「1777」、昨日は「1888」で終わっています。誰かの陰謀か?もしかして今日は・・・。

投稿者 buttya : 提案型アフィリエイトショップ

2005年01月19日

低迷期こそ自分を信じる

ブッチャは株式投資のパフォーマンスが悪いときでも、自分の投資理論を信じて追加投資を継続的におこないました。その結果、状況は好転したときにとても大きな利益を上げることができました。

「副収入の達人」では、アクセス数が全く増えず、検索エンジン上位表示もことごとく失敗した時期がありました。そんなときも「アクセス数はサイト価値に比例する」という自分のサイト運営理論を信じて、ひたすらサイト充実を続けていました。

そんな努力が実り「影響力のあるayanさんの日記で紹介される」というチャンスをつかむことができました。ayanさんには本当に感謝しています。

低迷期の努力が大きければ大きいほど何らかのキッカケで大きく飛躍することができます。しかし、低迷期は疑心暗鬼に陥るため自分の考えを貫くことはとても難しいことです。

あなたは「自分を信じきる」ことができますか?

【ブッチャの独り言】
本日は朝から「ノルン水上」にボードを滑りに行ってきました。平日だったので空いていて天気も良く最高でした。一緒にいった友人がビデオをたくさん撮ってくれたので、後で見るのが楽しみです。

投稿者 buttya : 低迷期こそ自分を信じる

3人の視点でどうぞ

27歳の起業日記
幸せなお金持ちへのネット収入体験記

上の2つのリンクは1月8日にお会いした、だいさんと、ちぃやんさんがその時の様子や感想を書いたBLOGです。ブッチャのBLOGと併せてご覧いただくと、ちょっと面白いかもしれません。

その後、ちぃやんさんからはサイトのプロフ部分でアドバイスをいただいたり、だいさんとはメールでの濃い意見交換やオススメ本の紹介などを続けています。

ちなみにブッチャがだいさんに強くオススメした本は「ザ・プロフィット」です。アフィリエイトに直接関係する内容ではありませんが、ビジネス本としては超良書です。

ブッチャに騙されたと思って、ぜひ読んでみてください。

【ブッチャの独り言】
3人で話したときのアイディアを元に修正をおこなったところ、アクセス数によい影響を与えることができました。

投稿者 buttya : 3人の視点でどうぞ

2005年01月18日

セレクトショップ運営術

■ セレクトショップ

アフィリエイトショップの価値はセレクトショップとしての役割にあると思います。

例えば「コート」が欲しかったとします。その場合、ネット上の膨大な情報の中から自分の求める商品を探すよりも、センスの良い人が選別した商品の中から選ぶほうがどんなに楽なことでしょうか。

特に「買い物」が苦手な男性にとっては嬉しいサービスです。

■ 商品数は多いほどよい?

Googleで検索されやすくするため商品数(ページ数)を多くするという選択肢もあるのですが、セレクトショップという戦略から考えると、1ジャンルあたりの商品数はそれほど多くしてはいけません。

膨大な商品の名からセンスの良いものを厳選して、お客様に提案することが「あなた」の仕事です。

また、商品数を増やすあまり、センスの悪い商品をサイトに掲載することは、サイトのイメージダウンに直結することになります。

■ センスは必須?

インテリアや洋服を扱う場合には「センス」が要求されますが、ダイエット器具やサプリメントを扱う場合は、それらを選別する「知識」が要求されます。

自分の強みにあわせて扱う商品を選びましょう。

■ 相談BBS

セレクトショップとしての価値をさらに高める方法として、相談BBSを設置するとよいでしょう。「プレゼント相談BBS」ではプレゼント選びのサポートをします。洋服を扱っているのなら「コーディネートBBS」なんてものも良いかもしれません。

【ブッチャの独り言】
個人サイトなのに驚くほど写真を撮るのが上手い人っていますよね。その代表とも言えるのが「DECOさんちの晩ご飯」のDECOさんです。近所の洋食屋のメニューに載っている写真よりも数十倍美味しそうです。写真をまじまじと見ていたら、お腹がすいてきました・・。

ブッチャが尊敬する「350日の節約生活」のジゾウさんもプロ級です。

投稿者 buttya : セレクトショップ運営術

2005年01月17日

リンク元分析 (1月1日~1月15日)

・ No Referrer 45.3%
・ 検索エンジン 7.9%
・ 個人サイトからのリンク 46.8%

全リンク元データから「No Referre」を省いた数値を新規訪問者だとすると、新規訪問者の85.6%は個人サイトからのリンクということになります。

相互リンクはページランクを稼ぐためだけのものという考え方もありますが、こうやって見てみると直接的なアクセス効果も捨てたものではないということが分かります。

「副収入の達人」にリンクを貼ってくださった方、本当にありがとうございます。

【ブッチャの独り言】
TOPページのアクセスカウンタをCGIBOYに変えたところ、数値が飛躍的に増えました。う~ん、アクセスカウンタはあてになりませんね。正確な数値を把握するためにも「アクセス解析」を全ページに貼るようにしてください。

投稿者 buttya : リンク元分析 (1月1日~1月15日)

2005年01月15日

デザインの重要性

ブッチャは今でも「サイト運営はデザインより内容だ!」と思っていますが、後発組はやはりデザインがある程度よくないと評価されるのは難しく感じます。

例えば「知名度が高い人」「知名度が高い人と交流がある人」「先駆者ですでに成功を収めている人」はデザインが悪くても内容で判断してもらえるのですが、後発組はTOPページで内容を読むべきか判断されてしまいます。

しかも、最近では個人サイト運営者のデザインレベルがカナリ高くなってきているので、自分のサイトのデザインに危機感を感じます。

ただ、デザインがカッコよくなくても「副収入の達人」の場合は、「妙にシンプル」「TOP相互リンクなし」という特殊さが目立ち、内容を読んでもらえる可能性が高まったようです。

【ブッチャの独り言】
先日お願いしたCGIBOYの件ですが、なんと!3名の方からご連絡をいただきました。しかも、そのうちの1人はブッチャ用に設定を変更してくれた後にIDとパスワードを知らせてくれました。

ロックさん、そらたさん、ヒカルさん、本当にありがとうございました。

投稿者 buttya : デザインの重要性

誰かに教えるように

サイト作りは誰かに教える気持ちで作ると良いものが出来上がります。

例えば「パソコンの使い方」サイトであれば「パソコン音痴の父にパソコンを教える気持ち」で作り、「アフィリエイトノウハウ」サイトであれば「アフィリエイトを知らない友人に、イチからアフィリエイトで稼がせる気持ち」で作るのです。

こうしたアプローチを取らないと、単なる知識の羅列、自己満足になってしまう危険性があります。

もちろん情報量も大切ですが、自サイトの情報を求めているユーザーをシッカリと思い浮かべ、彼らが途中でつまづかないような優しいサイト作りを心がけてください。

【ブッチャの独り言】
CGIBOYのアクセスカウンタを使いたいのですが、新規登録は停止中のため使うことができません。どなたかアカウントが余っていたら譲ってください。お願いします。

投稿者 buttya : 誰かに教えるように

2005年01月14日

本当に知っていますか?

本田宗一郎さんは絵を描きはじめたことで、今まで知っていると思っていたものを自分が全く知らないことに気づきショックを受けたそうです。

私も文章にすることで今までの認識が全く変わることがあります。実のところ、変わるぐらいならよいのですが、書こうと思ったテーマについて全く書けなかったときはショックを受けます。

そういった意味で文章を書くということは「自分が知っていると思い込んでいることを再構築する」効果があります。ブッチャにとってBLOGは、読んでくれる人への情報提供という役割と同時に、自分のためのトレーニングの場にもなっているのです。

【ブッチャの独り言】
いまだにあまり知られていないのですが、2004年10月に「All About Japan」はサイト名を「All About」に変更しました。また、Yahooとの提携も2004年9月に発表されています。

投稿者 buttya : 本当に知っていますか?

2005年01月13日

無料コンサルティング抽選結果

無料コンサルティングの当選者が決定しました。11サイト中2サイトなので当選率は18%です。おめでとうございます☆

当選者はサイト名「O」の「T」さんと、サイト名「N」の「N」さんです。

出来ることならば全ての応募サイトに対してコンサルを行いたいのですが、コンサルのクオリティ維持を考えて2サイト限定です。今後も1ヶ月に2サイト程度のペースで募集させていただきますので、ぜひご応募ください。

抽選落ちしたサイト様にはこれから一生懸命簡易アドバイスを書きます。明日中には全てのサイト様にアドバイスを送りますので、少々お待ちください。

なお、抽選方式ですが、応募順に1から番号をふり「抽選王」というフリーソフトを使って抽選をおこないました。

投稿者 buttya : 無料コンサルティング抽選結果

左上は一等地

サイトを訪れた人が一番最初に開くのが、一番左上にあるページです。例外はありますが、ここに設置されているページがTOPページに次ぐアクセス数になります。

左上に設置されているページはアクセス数が多く真剣に読む人も多いので、慎重に使い方を考えてください。「副収入の達人」では「サイトの読み方」を説明するページを設置していますが、このほかにも「ポリシーを説明するページ」「収入を得るためのページ」を置くのも効果的だと思います。

なんとなく「はじめに」などのページを置いてしまうこともある左上の位置ですが、もっとも力をいれるべき一等地なのです。

投稿者 buttya : 左上は一等地

2005年01月12日

クチコミ実例

クチコミなんてファジーなもの、本当に効果があるの?と思っている人に「副収入の達人」で実際におこったクチコミを紹介します。

04年12月09日 ayanさんの日記で紹介してもらう
04年12月14日 小雪さんにリンクを貼ってもらう
05年01月08日 つみれさんにリンクを貼ってもらう
05年01月11日 たくみさんにリンクを貼ってもらう

上の記録ですが面白いことに、小雪さんはayanさんのサイトで当サイトを知り、つみれさんは小雪さんのサイトで当サイトを知り、たくみさんはつみれさんの紹介で当サイトを知ったそうです。

皆さんがそれぞれメールをくれたため知ることができました。

まさに、これぞ 「クチコミ」 です。

【ブッチャの独り言】
某ECサイトの売上がなかなか承認されないことに気づき調べてみると、04年11月は20件中2件しか承認されていませんでした。副収入の達人、ASP、ECサイトのどこに問題があるのか分かりませんが、とりあえずASPを変えてみました。皆さんも承認率には注意してください。

投稿者 buttya : クチコミ実例

筋トレ職人の実践講座に学ぶ

筋トレ職人の実践講座」は好きなことをサイトにして成功した例です。

デザイン的には洗練されたものとは言えませんが、内容はしっかりと書かれていて、広告もほとんど貼られていないので好感が持てます。

そして、このサイトのアクセスカウンターを見ると驚きます。なんと1日4000以上!

今のところはそれなりの収入(お小遣いとしては十分かな)しか得ていないそうですが、広告を効果的に掲載すれば大きく稼げると思います。

好きなことをサイトにして、さらにお小遣いが稼げてしまうなんて素敵ですよね。「その道の専門家がいるのだから自分がサイトを作る意味がない」なんて思わずに、好きなことを精一杯書くことがサイト成功への近道ではないでしょうか?

[相互リンクサイトでお金に関連しないサイトを紹介]
男が作れる超簡単料理
新米パパの動画編集ソフトくりぃむ
ayanpaのデザインうんちく

【ブッチャの独り言】
2005年になりましたが「Copyright」の年号は更新しましたか?年号は必須項目なので必ず記入してください。また、複数のページの修正は「Devas」が便利ですよ。

投稿者 buttya : 筋トレ職人の実践講座に学ぶ

2005年01月11日

本田宗一郎

ayanpaさんのススメで「本田宗一郎 私の手が語る」を読みました。最近はノウハウ本ばかり読んでいたのでとても新鮮な感じでした。

本田宗一郎さんは言わずとも知れた「HONDA」の創設者です。

経営者というよりは純粋な技術者であり哲学者です。そんな本田宗一郎さんのカリスマ的な魅力が有能な人材を集め「HONDA」を今の規模にまで育てたのだと思います。

ブッチャも若い頃に本田宗一郎の本を読んだことがキッカケで「やっぱり自動車はHONDAだよ」と思い、結婚前の妻にアコード・ワゴンを買わせたほどです。今でも私の中のナンバーワン自動車メーカーは「HONDA」のままです。

それでは「本田宗一郎 私の手が語る」の中でブッチャが感銘をうけた文をいくつか紹介します。

> 目先の成績にこだわり、独自の哲学にもとづく創意をすこしでも放棄するような考え方が生まれたとき、企業は転落と崩壊の道をたどりはじめるだろう。

> 自分にとってどんな不利な結果になろうとも、自分が真実であり、妥当であると考えたことを認め、それに賛成することが勇気である。

あえて引用文に対するコメントは書きませんでした。

能力を磨くことは大切ですが、根本にある哲学を磨くことも忘れないでください。そのためには伝記などを多く読むことをオススメします。最近の人ではユニクロの柳井正さんも素晴らしい人物です。

【ブッチャの独り言】
昨日のアクセス数が1252を記録しました。嬉しいです。「副収入の達人」はアクセス数の9割以上が「リピーター+相互リンク」によるものなので、本当に皆様のおかげです。ありがとうございました。

投稿者 buttya : 本田宗一郎

2005年01月10日

売れ筋ランキング

OLシングルママのわがまま節約ライフ」さんを見ていたら、TOPページに「私のサイトで人気なもの BEST3」というランキングが掲載されていました。

とても良い作戦だと思うので、利点をまとめてみます。

(1) 実績のあるものをアピールする

むやみに広告種類を増やすのではなく、すでに自サイト内で反響のある広告を紹介しているので、自然と成約率は高くなります。

(2) ランキング効果

一般的にランキングは人気があります。ランキング上位のもの=間違いなく良いものというイメージを与えるためです。特に上位にアクセスが集中する傾向があります。

わがまま節約ライフさんでは3位まで掲載されていますが、5位ぐらいまで掲載して1~2位にバツグンに利益率が高い広告を設置するのも良いと思います。

(3) 2ステップ方式

直接広告先に飛ばすのではなく、1度自分の説明文が書いてあるページに飛ばす方式です。クリック報酬型(アドセンスなど)の場合は、直接飛ばしたほうが良いのですが、成果報酬型の場合は管理人の説明文を読んでもらった方が成約率が高くなります。

副収入の達人でも採用しようかな?人気広告ランキングなら訪問者と利害も一致するので。

【ブッチャの独り言】
週末に妻に400グラムのハンバーグを作ってもらいました。凄まじい大きさでしたが美味しかったです。

投稿者 buttya : 売れ筋ランキング

サイトパターン

(1) カリスマ型

ネットでわらしべ長者」さんのように1サイトを集中的に育てていく方法です。

(2) 特化型

発毛育毛WEB」さんのように1つのテーマについて完成されたサイトを作る方法です。Yahoo登録が目標になります。発毛育毛WEBのノウハウは「アフィリエイト・マニュアル」さんで学ぶことができます。

(3) ニッチ型

少ないページ数のサイトでGoole上位を狙う方法です。競争率が低く、それなりに稼げるキーワードを見つけるセンスを磨く必要があります。

(4) プログラム型

プログラムで膨大な数(数万~数十万以上)のページを作る方法です。ニッチ型よりさらに競争率の低いキーワードをかたっぱしから拾う方法です。

(5) ショップ型

アフィリエイトを使ったショップ型サイトです。セレクトショップ的な役割です。

これらの5パターンではそれぞれ戦略が変わってきます。また、他にもパターンはあると思います。

「副収入の達人」では全てのパターンに応用できるよう、出来るだけ原則的なノウハウを提供していますが、(1)と(2)に関する情報が多くなっています。

皆さんのサイトはどのパターンに当てはまりますか?

【ブッチャの独り言】

無料でお金儲けのできるホームページの作り方さん のTOPページ
アフィリエイト挫折組さん のBLOG
UInCS PM のBLOG
で紹介していただきました。パピルスさん、サトさん、うかさん、ありがとうございました。しかし、褒めすぎです。そんなに凄いサイトではないので・・。

おかげさまで日曜日にも関わらず、ユニーク 600人/日、アクセスカウンター 850/日を突破することができました。

投稿者 buttya : サイトパターン

2005年01月08日

リアルで意見交換

マネーの鬼」のだいさんと、「これは気になるっ!ネットで幸せ収入生活」のちぃやんさんと3人でお会いしてきました。

わざわざ群馬まで来ていただき、ありがとうございました。

今回はそれぞれが目指している方向性が違ったため、なかなか意見交換が進みませんでしたが、それなりに刺激を受けることはできたと思います。ブッチャは2つのヒントを得ることができました。

せっかくなのでブッチャの目から見た2人の印象を書かせていただきます。

■ だいさん

細身のお兄さんでした。真面目で誠実、つまり「イイ人」って感じですね。サイトイメージ通りの人でした。今日はアフィリエイトの意見交換だったのですが、次回は株式投資についてもっと話をしたいな。

■ ちぃやんさん

可愛いらしい人でした。ほんわかとしたイメージとは逆に意外としっかりしているのかな?自分の欠点を理解して克服しようとする姿勢は偉いと思いました。ブッチャはちぃやんさんの隣の家に住んでいる人に激似だそうです。

投稿者 buttya : リアルで意見交換

2005年01月07日

ドミナント戦略

ドミナント戦略とは「出店地域を限定することで、ある特定の地域内での知名度や効率の向上を狙う戦略」です。簡単な例としては、全国的には無名だけど地元では有名なスーパーやホームセンターなどがあげられます。

それでは、このドミナント戦略をサイト運営に利用してみましょう。

超人気サイトはあらゆるサイトから良い位置にリンクを貼られているので、そのサイトへのリンクを繰り返し見たユーザーに「人気サイトなんだな。内容も素晴らしいのだろう。」と思わせることができます。

しかし、新米サイトが「あらゆるサイトから良い位置にリンクを貼ってもらう」ことは不可能です。

それなら特定の地域で重点的に相互リンクをおこないましょう。地域といってもネット上では物理的な距離はないので「ジャンルで絞る」「交流のあるサイトグループ」など自分なりの地域分けをする必要があります。

そうすることである特定のユーザー層に何度も自分のサイトへのリンクを見せることができるので、単純接触効果(接触回数が多いほど、単純に対象に対する好感度が増す)が働きます。また、自分が仲良くしているサイト管理人さんの何人かが、ある特定のサイトを薦めていたら、自分もそのサイトにリンクを貼ろうと思うかもしれません。

ここで注意することは「よい位置」というポイントです。よい位置に掲載してもらうには「こちらも良い位置に貼る」「多くのアクセス数を与える」などのメリットを相手に与えてください。もちろん、自分のサイトが相手に認められるようなサイトであることが第一条件ですが。

【ブッチャの独り言】
ウチの妻は若いわりに料理が上手だったりします。昨日の夕食は「さばの味噌煮」でした。しかし、煮物をつくると毎回「ツユダク」なのはご愛嬌?

投稿者 buttya : ドミナント戦略

2005年01月06日

無料コンサルティング募集

■ 無料コンサルティング募集

お年玉企画というワケではないのですが、無料コンサルティングを2サイト募集します。募集期間は1月6日から1月12日までです。

抽選落ちしたサイト様にも簡易アドバイスをおこないますので、ぜひご応募ください。

無料コンサルティングに応募する

■ 無料で似顔絵を描いてもらいたい人

「愛豚貯金箱.net」さんで無料で似顔絵を描いてくれる企画を実施しています。募集は明日まで、当選者は3名だそうです。

サイトに写真をだすのには抵抗があるという方は応募してみてはいかがでしょうか?

無料似顔絵に応募する

投稿者 buttya : 無料コンサルティング募集

1日の作業メモ

ブッチャはパソコンを起動すると、まず「作業.txt」と名前のついたファイルを開きます。そして、そこに今日おこなうべき作業を箇条書きにしていきます。

つぎに作業を作業順に並び替えます。順番は重要度を考慮することもあれば、短時間で済む作業を優先することもあります。

そして実際に作業を進めるわけですが、終わった作業は★印などをつけておきます。

このようなファイルをつくっておくと作業を効率よく進めることができます。また、次に何をするべきなのか考えることもありませんし、明確な進行状況を把握することもできます。

[補足]
作業メモには「本日の作業」「中期作業」「長期作業」「BLOGストック」という項目を作っています。このメモで本日のスケジュールだけでなく、中長期の簡易スケジュール帳としての役割を果たしています。

【ブッチャの独り言】
4日に行った初詣で家族三人して「大吉」を引きました。このことを知人に話したら、「俺は細木数子の本に今年は大殺界の入り口だと書いてあった」と言われました。励ましの言葉が見つかりませんでした。

投稿者 buttya : 1日の作業メモ

2005年01月05日

副収入で269位

1月2日のGoogleページランク更新により「副収入」で検索をすると269位になりました。アクセス数的に全く意味はありませんが、以前は500位以下(正確な順位は不明)だったので順位アップは嬉しいです。

副収入の達人を立ち上げて思うことは、SEOテクニックで短期的に上位表示を狙うのは難しくなってきたのでは?ということです。公開期間、更新頻度、最終更新日などが占める重要度が高くなってきた気がします。

ただし、友人が運営する趣味サイトでは、開設から1ヶ月程度で10位以内を達成していました。これはその分野ではあまりSEOが意識されていないからだと思います。

つまり、激戦区のキーワードではSEO対策が当然のように施されているので、他の要素で勝る必要があるということです。

なんだか「ダビスタ」で新要素を探している気分です(分かる人には分かるかな?)。

【ブッチャの独り言】
前回の日記の内容に対する補足です。BLOGで大きな目標のみを公開している人も、自分の頭の中では細部のことまで考えている人が多いはずです。「大きな目標の公開 = 意味がない」というワケではないので注意してください。

投稿者 buttya : 副収入で269位

2005年01月03日

その目標に意味はありますか?

あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします☆

さて、2005年初BLOGですが、今回のお題は「目標を立てる」です。

新年ということでBLOGで目標を公開している人も多いのですが、目標もよく考えて立てなければ意味のないものになってしまいます。

例えば「2005年は月100万円のアフィリエイト収入を得る」という目標を立てたとします。ここで終了だとすると、この目標に意味はほとんどありません。ただのキリの良い数字ということになってしまいます。

月100万円ということは「サイトを充実させる」「相互リンクを増やす」「Yahooに登録する」という風に計画を掘り下げていきます。

さらに「サイトを充実させる」には「ページ数を今の2倍の200ページにする」。「ページ数を今の2倍の200ページにする」ためには「作業日数が100日だから1日1ページは必ず増やす」ということになります。

さらに「サイトを充実させる」には「文章の質を高める」必要もある。「文章の質を高める」ためには「年間100冊の本を読む」。つまり「3日に1冊は本を読む」ということになります。

大きな目標をこれ以上は無理というぐらいまで掘り下げてみてください。そうすれば自分が今するべきことが見えてくるはずです。

2005年も頑張りましょう!

【ブッチャの独り言】
某サイトの管理人さんから「一度お会いして意見交換をしませんか?」というお誘いを受けました。「副収入の達人」を公開するまえから、よく見ていたサイトの管理人さんなので非常に光栄なことです。

投稿者 buttya : その目標に意味はありますか?