« 売れ筋ランキング | メイン | 筋トレ職人の実践講座に学ぶ »

2005年01月11日

本田宗一郎

ayanpaさんのススメで「本田宗一郎 私の手が語る」を読みました。最近はノウハウ本ばかり読んでいたのでとても新鮮な感じでした。

本田宗一郎さんは言わずとも知れた「HONDA」の創設者です。

経営者というよりは純粋な技術者であり哲学者です。そんな本田宗一郎さんのカリスマ的な魅力が有能な人材を集め「HONDA」を今の規模にまで育てたのだと思います。

ブッチャも若い頃に本田宗一郎の本を読んだことがキッカケで「やっぱり自動車はHONDAだよ」と思い、結婚前の妻にアコード・ワゴンを買わせたほどです。今でも私の中のナンバーワン自動車メーカーは「HONDA」のままです。

それでは「本田宗一郎 私の手が語る」の中でブッチャが感銘をうけた文をいくつか紹介します。

> 目先の成績にこだわり、独自の哲学にもとづく創意をすこしでも放棄するような考え方が生まれたとき、企業は転落と崩壊の道をたどりはじめるだろう。

> 自分にとってどんな不利な結果になろうとも、自分が真実であり、妥当であると考えたことを認め、それに賛成することが勇気である。

あえて引用文に対するコメントは書きませんでした。

能力を磨くことは大切ですが、根本にある哲学を磨くことも忘れないでください。そのためには伝記などを多く読むことをオススメします。最近の人ではユニクロの柳井正さんも素晴らしい人物です。

【ブッチャの独り言】
昨日のアクセス数が1252を記録しました。嬉しいです。「副収入の達人」はアクセス数の9割以上が「リピーター+相互リンク」によるものなので、本当に皆様のおかげです。ありがとうございました。

投稿者 buttya : 2005年01月11日 10:51

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://buttya.com/cgi/mt/mt-tb.cgi/31

このリストは、次のエントリーを参照しています: 本田宗一郎:

» 本田宗一郎氏の著書に学ぶ from 遠恋/同棲/結婚→LCM節約工房
キクも本田宗一郎氏が創り出したホンダイズム、HONDAの哲学に感銘を受けている1人です。現在のHONDAの車は好きではありませんが、本田技研工業という会社に根付... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2005年01月16日 15:42

コメント