« イーモールゼロで失敗 | メイン | 紹介文付きリンクとアクセスの質 »

2005年01月24日

対象を絞り込んだ広告

ブッチャはメルマガを発行しているのため、実に様々な広告のレスポンスを検証することが出来たのですが、一番面白いと思ったことは「対象を絞り込んだ広告は反応が良い」ということです。

例1 : iMi@50

アンケートサイト「iMi」の50歳以上バージョンです。「アンケートに答えるとポイントで稼げます」と募集するのではなく、「豊かな経験で世論を形成してみませんか?ポイントも貯まります」とすることで高いレスポンスを実現しました。

例2 : 出光まいどカード

ガソリン代がいつでも2円引きという特典を持つカードです。こちらは「地方に住む人」に対象を絞った宣伝文を採用したところ高いレスポンスを実現しました。

このように募集条件を限定することで、該当した人の心に強く訴えかける効果があるようです。例えば「パソコンが79800円の激安販売」よりも「○歳(自分の年齢を入れてください)の方に限り、パソコンが79800円」の方が「すぐに買わなくちゃ」と思いませんか?

ただし、自分のサイトのユーザー層に該当しない条件で限定してしまうと、全く反応がなくなってしまうので気をつけてください。

【ブッチャの独り言】
副収入の達人を4ヶ月運営した経験をもとにサイト内容をチェック・修正しています。

投稿者 buttya : 2005年01月24日 10:29

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://buttya.com/cgi/mt/mt-tb.cgi/45

コメント