« 対象を絞り込んだ広告 | メイン | 制作者の都合を吹き飛ばせ »

2005年01月25日

紹介文付きリンクとアクセスの質

おすすめ紹介文付きのリンクは「サイト名のみのリンク」に比べてアクセスの質が高くなると思います。

例えば「サイト名のみ」の場合はTOPページを見て帰ってしまう人が多いのに対して、「紹介文付き」の場合は一通り目を通してくれる可能性が高くなります。

さらに影響力のある管理人さんのオススメであれば、リピーターになってくれる可能性も高いでしょう。

また、紹介文付きリンクの場合は、たとえクリックされなかったとしても、その紹介文を見た人の記憶に残すことができます。この記憶が積み重なることで徐々に好感度がアップしていく効果があります。これはテレビCMによる効果と同じです。

このように紹介文付きリンクには、アクセス数にプラスアルファの価値があるということを覚えておいてください。

注意 : この記事は紹介文なしのリンクを否定するものではありません。現に「副収入の達人」の逆アクセスランキング上位は「サイト名のみのリンク」で占められています。

【ブッチャの独り言】
今回の話は広告にも応用することができます。買わせる決意を固めさせてから広告をクリックさせるのか?とにかくクリック数を多くするのか?という問題です。

リンク先のサイトが非常に魅力的なつくりであるのならクリック数優先、リンク先のサイトがイマイチ魅力に欠けるつくりであるのなら成約率重視、というルールを当てはめることもできますが、管理人の信頼度・影響度によってもどちらが有利なのか?は変わってくるので、柔軟な判断が必要です。

投稿者 buttya : 2005年01月25日 10:26

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://buttya.com/cgi/mt/mt-tb.cgi/46

コメント