« 複数サイト運営のメリット | メイン | Googleの更新周期 »

2005年06月09日

1サイト集中型のメリット

前回の記事で「複数サイトを運営するのが良い」と書きましたが、正確には「1サイト集中型、複数サイト分散型のそれぞれに『向いている人』『向いていない人』がいるが、どちらかと言えば複数サイト分散型に向いている人のほうが多い」ということです。

今回説明する1サイト集中型のメリットを理解して、活かすことができる人は1サイト集中型が向いていると言えるでしょう。

■ メリット1 : 得意分野への集中

1サイト集中型のメリットはなんと言っても「自分のもっとも得意な分野」に全ての力を注げることです。これは競争力のアップとともに自分自身が楽しみながらサイト運営ができるというメリットがあります。

■ メリット2 : ジャンル内で上位を狙える

1サイトに集中することで、ジャンル内で上位を獲得できる可能性が高くなります。「80対20の法則」という言葉があるように「全体の収入の80%は20%の上位サイトが得ている」と言われています。つまり、ジャンル内で上位を狙うことは非常に大切なポイントなのです。

■ メリット3 : 知名度の向上とその影響

500アクセスのサイトを10運営しているよりも、5000アクセスのサイトを1運営しているほうが管理人やサイトの知名度は高くなるでしょう。知名度は高くなればなるほどサイト運営が有利に展開されます。例えば「相互リンクの位置」「クチコミ効果」「メディアからのアプローチ」「強力な人脈の構築」「有益な情報の集まり」などです。

■ メリット4 : サイトの成長が掛け算になる

複数サイト分散型では「500アクセスのサイトを10作りました」というように「足し算」でアクセス数が増えていきますが、1サイト集中型では「2000、2400、2880、3456、4147、4876(20%増ペース)」というように「掛け算」でアクセス数が増えていきます。

■ まとめ

1サイト集中型はリスクの大きい作戦です。いくら自分が全力を尽くしても「そもそも狙いどころが間違っている」「その分野において自分の能力が絶対的に不足している」といった原因があれば、作業は無駄(収入に結びつかない)になってしまいます。

しかし、軌道にのったときの爆発力は分散型では味わえないでしょう。

前回の記事で説明したように、集中型のメリットは分散型のデメリット、分散型のメリットは集中型のデメリットでもあります。これらを踏まえたうえで自分のスタンスを考え直してみてはいかがでしょうか?

【ブッチャの独り言】
勘違いネタ第2弾。某不動産会社の社長が「今月からアパマンショップのイメージキャラクターが綾戸智絵になりました」と言っていました。おいおい・・上戸彩でしょ。

投稿者 buttya : 2005年06月09日 10:39

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://buttya.com/cgi/mt/mt-tb.cgi/152

コメント

大変興味深い内容でした。
現在(夫のも合わせて)3サイト運営しているので、
やっていることは「複数サイト運営のメリット」に
書いてあることに近いはずなのですが、今日のエン
トリを読んだら、どうも私もブッチャさんと同じく
「1サイト集中型」タイプを目指しているように
思えてきました。

各サイトに対する力の配分が今後の課題のように思います。

投稿者 ayan : 2005年06月09日 14:34

ブッチャさん、お久しぶりです。でも日記は、いつも見てました!
私も1サイト集中型のようです。作るのが楽しくて他のサイトを作ってみた事が有るけど、中途半端でしかも放置中・・・^^;
やっぱり興味があること、経験した事が一番楽しいです。

そして最近思うことが、知名度。
開設当初、みんなに見て欲しくて自分から相互リンクのお願いをしたり書き込みをしていたのに、今では「リンクさせてもらいました(相互じゃないのに)」と言って頂けたり、書き込みをしてもらえて交流が出来たり・・・
変わったな~って思います。

忙しくて自分から書き込みまでなかなか出来ない分、ありがたいし嬉しいことです。

投稿者 マユ : 2005年06月09日 18:08

■ ayanさんへ

ayanさんは集中型でも分散型でも
どっちでも平気な気がします。

でも、集中型向きかな(^^

集中型はところどころに現れる壁を突破できるか?
がカギになると思います。

管理人としての「力」の見せ所ですね。

■ マユさん

お久しぶりです!
ウチのサイトは集中型に対するノウハウが多いので、
日記を読んでくれている方は集中型の人が多いようです。

分散型にはもっと役立つサイトがありますからね。

知名度は分かりにくいポイントなのですが、
すご~く大切です。

最初から自分のことを知ってもらっていると、
色々な話がスムーズに進むので助かりますね。

投稿者 ブッチャ : 2005年06月09日 21:02