« せこせこSEO | メイン | SEO対策にゴッゴル本 »

2005年06月02日

本当にプログラムはSEOに弱い?

プログラムで作られたページ、つまり「動的ページ」はSEOに弱いと言われています。本当にプログラムはSEOに弱いのでしょうか?

弱いと言われる最大の理由は「検索エンジンにインデックス(登録)されない」ことです。

しかし、実のところプログラムで作られたページは検索エンジンにインデックスされないワケではありません。まず注意してほしいことはプログラムで作られたページであっても、クライアントから見れば「静的ページ」だということです。

何を言っているか分かりませんか?それでは「副収入別データと簡易解説」を開いて、ブラウザのメニューから「表示→ソース」を選択してください。

すると普通のHTML文が開くはずです。文字コードが「EUC」なので文字化けを起こしているかもしれませんが、間違いなく普通のHTML文、つまり「静的ページ」です。お分かりのとおり、このページはプログラムで作られているにも関わらずです。

このようにクライアント側で受取るデータは、元がHTMLファイルとして用意されていようが、プログラムで作られていようが「静的ページ」なのです。

では、検索エンジンはどのようにプログラムで作られたページを判断しているのでしょうか?答えは簡単です。URLの末尾がプログラムを表す「.php」「.cgi」のときや、引数を表す「?id=100」といったときです。

つまり、このような判断材料を意図的に隠すことが出来れば(出来ます)、検索エンジンはプログラムで作られたページを「単なる膨大な通常ページ」として見なすしかありません。こう考えると必ずしもプログラムはSEOに弱いとは言えないのです。

具体的には http://buttya.com/ というURLがプログラムで動いていたとしても分かりませんよね?

注 :この意見はソース(情報源)があるわけではなく、ブッチャが妥当だと思える考えを書いただけなので、必ずしも正しいとは限りません。詳しい方、フォローお願いします。

投稿者 buttya : 2005年06月02日 11:56

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://buttya.com/cgi/mt/mt-tb.cgi/147

コメント

極めて「妥当」な考え方だと思います(^^)

SEOと相性が良いとされている「ブログ」がそうですよね。
「HTMLを自動的に生成するプログラム(cgi)」ですから。
それに「中小検索エンジン」だって、Yomi-Searchとか、
その類の「プログラム」でできているはずです。

私はソファーショップでブログではないcgiを使っているのですが、
cgiで作られるページの拡張子を「意図的に変更した」結果、
そのページはしっかりインデックスされました。

「SEO効果のない拡張子・引数」を持ったページを生成する
ことが多いのが「プログラム」ってだけだと思います。

投稿者 うか : 2005年06月02日 13:49

私はブッチャさんの言うとおりだと思いますよ。

動的ページだろうと静的ページだろうと、クライアントが受け取る情報はHTMLなんですよね。

だとすればロボットは、動的か静的かを判断するとすれば、拡張子しかないわけですが。
WEBサーバー(Apache)でPHPやCGIを、「.html」という拡張子で動作させることもできますしね。
(.htaccessの簡単な設定で可能だったと思います。)


私は色々と見回っていると、上位表示されているページは動的ページが圧倒的に多いと思います。
もちろん、拡張子は「.html」だったりするので、一見静的ページに見えますけどね。
とくにショップ系さんですね。

投稿者 ある : 2005年06月02日 14:03

□ うかさんへ

フォローありがとうございます。

ブログはHTML自体を出力してしまうので、
うかさんのAmigoデータベースが
今回の記事にピッタリ当てはまりますね。

□ あるさんへ

そうなんです。
拡張子をごまかせるので
実際はプログラムなのかHTMLファイルなのか判別不能です。

動的ページにしろ静的ページにしろ
本当に有益なページが上位に表示されるように、
検索エンジンには頑張ってもらいたいものですね。

[追伸]
藍玉さんのブログで「ある」さんのことが書いてありましたね。
あるさんの携帯ノウハウを聞きたかったです(^^

投稿者 ブッチャ : 2005年06月02日 17:21